精神的な悩みは話してみることが解決の第一歩

サイトメニュー

心の悩みを解決

受話器

現代人特有の悩みにも対応していて便利

長年にわたり多くの期間で電話による心の悩みの相談サービスが行われていますが、現代社会になり相談内容にも変化が起こっています。いわゆるギャンブル依存症のような悩みとして、スマホゲームなどに課金をしてしまうという相談内容が増えており、ネット社会による新たな課題です。課金の悩みはパチンコ依存症になる人と似たような悩みですが、スマホさえあればどこにいても課金出来てしまうという点で、パチンコ依存症よりも対策に困る方が多い傾向にあります。また、年齢や性別関係なくスマホゲームに課金してしまうという悩みを持つ方は増えており、借金してでもレアなキャラクターやアイテムが出るまで課金してしまう人も珍しくありません。息抜きのつもりで始めたスマホゲームで課金依存症になる人は増える傾向にあり、新たな心の病であると言えるでしょう。課金依存以外の悩みとしては、学校でのいじめや会社でのパワハラなどが定番の相談内容として挙げられます。女性に多い悩みとしてはセクハラやマタハラ問題などもあり、話せる相手が見つからずに電話のサービスに頼ることになるケースが増えています。家族間のいざこざに関しても話せる相手が見つかりにくく、共稼ぎなどで家族間の話し合いが少ないことから電話で解決策を見つけるのが主な傾向です。すでにうつ病の症状を発症している場合には、治療が出来る通いやすい立地の病院を紹介してくれるので安心です。また、病院が行なっているサービスを利用している場合は、そのまま実際に通院して治療した方が良いのか検討することも出来ます。
電話による悩みの相談サービスが注目される理由としては、無料で相談に乗ってくれる専門機関が数多くあることにあります。特に、最近になって増加している課金依存症などの悩みは、依存症を専門とする機関に相談することで解決しやすくなるでしょう。娯楽のイメージの強いスマホゲームによる課金は家族から理解してもらいにくい悩みですが、専門の機関に相談に乗ってもらうことで家族の理解を得やすくなります。家族が課金依存症になってしまった場合にも、専門の機関に電話をすることで対策しやすくなるのでおすすめです。直接依存症になっている本人に話しても説得できない場合であっても、専門の機関なら対応の仕方を教えてもらうことが出来ます。依存症を治療することが出来る病院や施設がどこにあるかわからない場合にも、紹介してもらえるので安心です。いじめなどの問題で悩んでいる場合にも、専門的に相談に乗っている機関が増えており解決しやすくなっています。学校の先生や保護者にも話せない状態になっている子どもが増える中で、いじめ問題を専門的に話せる機関は注目される傾向にあります。これまで学校に任せていた部分を補う形でいじめ問題に取り組む機関が増えたことにより、いじめの防止を第三者機関が行えるようになりました。交通が不便な地域に住んでいる場合や金銭的な事情で施設がある場所まで通いづらいという人にとって、電話で悩みを話せるのは画期的です。特に専門的な知識が必要となる悩みの解決には、その分野に詳しい人に話せる機会を持つことが解決の糸口になると言えます。

Copyright© 2019 精神的な悩みは話してみることが解決の第一歩 All Rights Reserved.