精神的な悩みは話してみることが解決の第一歩

サイトメニュー

まずは問い合わせてみよう

固定電話

利用時の注意点などについて

うつ病などで気になったらまずは病院などの医療機関に電話で相談することはおすすめです。医療機関に詳しいことを聞くことで本当にうつ病なのかもわかってきます。実は鬱病だと考えていたら他の病気だったなんてこともあるでしょう。こうした医療機関の専用窓口もかなりあるので利用しておいてください。こうした窓口はいろいろなことにも使えます。例えば、病気にかかっているのかアドバイスを受けたい場合に用いることもできますし、実際に病気を直す際にどのくらい入院費用がかかるのか、保険は聞くのかといったようなことも聞けます。このように聞けることはかなり多いので疑問があるならば活用していきたいところです。他に電話窓口で相談する際には的確に自分の症状を伝えるようにしましょう。オペレーターもより情報が得られればより的確なアドバイスができるようになります。一体いつから症状が始まったのか、以前にどのような病気にかかったことがあるのか、病気にかかってしまった際の原因はなにか、といったような情報をいろいろと伝えておきましょう。オペレーターからのアドバイスも渡した情報が多ければそれだけより詳しいものになってきますからおすすめできます。最後に窓口はいくつか利用しておくこともおすすめです。いろいろな窓口を利用して多様なセカンドオピニオンを得られればそれだけ的確な判断も下せるようにもなってきます。これは電話相談する際にも同じように大事なのです。とはいえ、オペレーターは専門医ではないこともあるので注意も必要です。
実際に利用する際には窓口の受付時間をチェックしておきましょう。窓口の受付時間はそこまで長くありません。例えば病院の窓口だと朝九時から午後5時位までしかやっていないところが多いです。とはいえ、深夜までやっているところもあるので緊急のような場合にはこうした窓口を利用しておいてください。このように電話相談できる窓口を利用する際の利用時間はそこまで長くありません。とはいえ、窓口の利用可能時間は日によって変わることもあります。例えば、平日は夜までやっているところもあります。このような違いについてもチェックしておきましょう。他に利用できる電話相談窓口をいろいろと見つけておくことをおすすめします。紹介したようにいろいろな窓口を利用して相談しておけばいろいろなセカンドオピニオンが得られるからです。また、「この時間帯はあの窓口はやっていないけれどもこの窓口はやっている」といったように時間帯によって使い分けることもできるようになってきます。いずれにしてもこのような電話相談窓口を利用する際にはその限界も理解しておきましょう。例えば、窓口のオペレーターの知識は限られています。あくまで病気の症状について全般的なアドバイスをして診療を促すものであしかありません。どのような診療科に行けば良いか聞くのにはベストですが、細かい治療法などを聞くのには向いていません。また、有料の窓口もあって使いにくいこともあるので気をつけておきましょう。このような限界を理解して使うようにすればより満足して使えることでしょう。

Copyright© 2019 精神的な悩みは話してみることが解決の第一歩 All Rights Reserved.